ありがたい、と思う時

ある時、サラリーマンを辞めて、一人で漕ぎ出した。

それは正解だったと思います。

理由はひとつ。仕事をさせて頂けることへの感謝が、今のほうが格段に大きいからです。

数ある葬儀社の中から、指名、選択されることのありがたさ。

一度ご利用になった方が、紹介して下さったり…。

選ばれたことに感謝するから、自分の仕事で、精いっぱいお返ししようと思うのです。

そう思って働いていると、こんどはこちらが「ありがとう」と言われます。

その心が施す良い循環が平和な人間の社会。

遅ればせながら、人生の途中で、このことに気づいて良かった。

 

釜石の風景

これは二年ほど前の写真ですが、釜石斎場(火葬場・平田)付近で撮影したものです。

ふつうに、その辺を飛び回っています。

庭の花や作物を食べてしまうため、困っている住民のかたも多少。

でも基本的には、あたたかい眼差しで見守られている釜石の動物たち。

今日、まもなく主要高速道路の支線が縦横に開通します。

これにより、日本全国各地から一般道を使用せずに釜石市内、岩手県沿岸にマイカーで来れます。

交通量にもあらたな変化が。

人にも動物にも、気をつけないと。

晩年に何を思うのか❓

人は平均80年生きる時代となりました。

興味深いのは、人生の最後のほうは、みんなどんなことを思うのだろう?

ということ。

その答えがネットに出てました。

「他人がどう思うか、気にしすぎなければよかった」

だそうです。なるほどね。

その他、おおかた似たようなことがランキングされてました。

総じてみんなが最後に思うことを、今のうちに知っておけるなら

それだけで、生き方が変わるのではないでしょうか?

※「死ぬ前に何を思うのか」と検索するとたくさん出てきますよ

葬送行進曲♪

有名なお葬式のメロディですが、正確には

ショパン作曲 ピアノソナタ第二番「葬送」という作品名。

その 第三楽章。

くらーい曲と思われていますが、実は、天国を思わせるような甘美なメロディなのです。

その部分は 2:45 のあたりから。

プライベートで、ボリューム大にして聴きたいのですが、いつも少し躊躇してしまう。

なんか、お葬式のようで。

あ、葬儀ホールだから、違和感はないか。

お客様からのご意見・トイレのこと🚽

先日、足腰に障がいをお持ちのお客様がご利用になりました。

頂いたご意見・・・

「数日間お世話になり、とっても良かったよ。ただひとつトイレが狭くて不便だったあ」と。

確かに、便座に座ると顔に壁が迫ってくる狭さだったのです。

以前から感じていたことでもあったので、ご意見を頂いたその日のうちに、いい機会だと思い、早速なじみの大工さんへ工事を依頼。数日後、個室と手洗い場と無理に仕切っていた壁とドアを撤去、便器の向きを90度回転させて取付し直し、長方形のトイレルームを広く使える快適な配置にリフォームしました。

ご意見を頂戴したお客様に、早くお見せしたいなあ。

「ゆったり、広々になりましたよぉ」と。

 

釜石への新道路🚘

いよいよ来月、平成31年3月より釜石花巻間の復興道路が開通します。

非常にアクセスがよくなり、入るのも出るのもこれまでとは比較にならないほど便利になるでしょう。

いろんな面がありますが、地域として内外からのアクセスが便利な地域はやはり価値があると思います。これからも街が発展しますように・・・。

楽しみですね🚙

新・ホームページ開設🌼

皆さまこんばんは!(こんにちは)

この度、さこうセレモニーではホームページを新たに立ち上げましたのでお知らせ致します。

釜石でのお葬式。小さくてもきちんとしたお葬式の提案を、今まで以上にわかりやすくお伝えできたらいいな、と考えております。

素朴な疑問質問お問い合わせもお気軽にどうぞ。

何卒よろしくお願い申し上げます

代表 佐 香 信一郎