葬儀のお仕事

世の中にはいろいろな仕事がありますが、葬儀の仕事は特殊なところがあります。

それは次のようなところです。

サービスを提供する相手「お客様」がもうすでにお亡くなりになっている、というところです。

亡くなってからが、故人様という人物と、葬儀社である私との出会い。

亡くなってから、お知り合いになる。

お元気な時にお話ししてみたかった、と思うことも何度もあった。

実際にお話しは出来ない分、心の中で呟きながら思案する。

こんな感じでどうですか?

こんなお花でいかがですか?

遺影写真こうしました・・・・、などなど。

その問いかけのお返事は、ご遺族から頂くことになるのです。

「やあぁ~おばあちゃんのイメージだあ」とか「普段の父さん、こうだったあ」とか。

そんな言葉を聞けた時、交信ができたかも。

と僭越ながら感じています。