表と裏

すべての事柄に表と裏があると思うのですが

お葬式になると、隠しきれず出てしまう。

世の中に蔓延する葬儀社のCMなんて、きれいごとばかりで

いやになります。

あたかも、素晴らしい人物ばかりがお亡くなりかのようなストーリー。

CMだから仕方ないけれど、でも皆様に言いたいのは

そのような感動のお葬式ばかりではない、ということです。

昔やった人のケースで

お亡くなりになった日の前日、激しい親子喧嘩をしたそうです。

娘は母に「くた〇〇!クソ〇〇ア!」と言ったそうです。

そしたらあくる日は母は亡くなった。

そして、こちらに来ました。

別なケースでは、お電話での依頼で、お運びしてから打合せ。

そしたら

「すみません、出せるお金いま無いですがお願いします」

とのこと。絶句しましたが、方策を考え無事に済ませました。

 

そんなわけで、なにが言いたいかというと、どんなケースでも

その時が来たならやらなければならない、ということ。

体裁だの恰好だの気にしては居られない。

いろんな事情、状況、場合、があります。

いろんな人がいます、過度に心配せずにご相談してください!

と、言いたいです。